政策学部・総合政策科学研究科

総合政策科学研究科公開科目

ワークショップの理論と技法

 この教材は、同志社大学学習支援・教育開発センターの教育方法・教材開発費制度を利用して開発された教材です。

担当者佐野 淳也
シラバス2020年度春学期
公開年度2020年度
発行物
『ソーシャル・イノベーション教育のためのアクティブ・ラーニング』
Active Learning for Social Innovation Education
2020年3月31日発行
編集者:佐野 淳也・服部 篤子
発行:同志社大学政策学部 佐野淳也研究室

【内容】
社会課題がどのような構造から生まれているのかを考え、それをどのように変えればより良い未来が開けるのかを洞察し、未来をつくる主体者として行動する力を養うのが「ソーシャル・イノベーション教育」です。そしてその教育実践には、「主体的・対話的で深い学び」であるアクティブ・ラーニングが極めて重要です。
この冊子では、そうした大学教育やリカレント教育における「未来をつくる人をつくる」学びの実践を集めました。いま、この時代に求められている新しい学びのプロトタイプ(試作品)として、ぜひ多くの方々に読んで役立てていただけると幸いです。

  • Ⅰ 理論編
1)ソーシャル・イノベーションとは何か?(佐野淳也)
2)ソーシャル・イノベーション教育のためのアクティブ・ラーニングとは?(佐野淳也・藤本直樹)
  • Ⅱ 学部教育における実践
1)大規模授業におけるアクティブ・ラーニング実践(佐野淳也)
2)政策系金融機関との社会連携授業(服部篤子・森友佑・佐藤美奈子)
3)PBL科目におけるソーシャル・イノベーション教育
① PBLとしての同志社大学プロジェクト科目(佐野淳也)
② 地域課題解決に資するコミュニティカフェのデザイン(小辻寿規)
③ メディアを活用した歴史まちづくり観光(森田誠二)
④ 多様性が拓く未来を考える(出村沙世)
  • Ⅲ 大学院教育における実践
1)ソーシャル・イノベーターを育成する社会人大学院教育(佐野淳也)
2)同志社SIコースはどのようにソーシャル・イノベーターを育成してきたのか?
① 同志社大学ソーシャル・イノベーション(SI)コースの概要(佐野淳也)
② トークセッション(今里滋・新川達郎)
③ SIコース出身者によるinnovator’sトーク(三田果菜・松原明美・川那辺香乃)
  • Ⅳ 大学全体の教育・組織改革
1)東工大の教育改革とそれを支える組織改革
①立志プロジェクトと全学への展開(中野民夫)
②教養コア学修科目の全体像(室田真男)
③教育改革とそれを可能にした組織改革(上田紀行)
④リーダーシップ教育院(ToTAL)について(嘉村賢州)
  • Ⅴ 社会教育における実践
1) さとのば大学が拓く新しい未来(信岡良亮)

冊子データ一括ダウンロード
①表紙/はじめに/目次[PDF 1.4MB]
②ソーシャル・イノベーションとは何か?[PDF 1.1MB]
③ソーシャル・イノベーション教育のためのアクティブ・ラーニングとは[PDF 700KB]
④大規模授業におけるアクティブ・ラーニング実践[PDF 1.6MB]
⑤政策系金融機関との社会連携授業[PDF 1.5MB]
⑥学生PRESS「受け継がれる熱量」[PDF 7.3MB]
⑦ソーシャル・イノベーション教育としてのPBL[PDF 2.2MB]
⑧ソーシャル・イノベーターを育成する社会人大学院[PDF 1.4MB]
⑨同志社SIコースはどのようにソーシャルイノベーターを育成してきたのか[PDF 4.8MB]
⑩東工大の教育改革とそれを支える組織改革[PDF 4.5MB]
⑪さとのば大学が拓く新しい未来[PDF 2.4MB]
⑫あとがき/執筆者紹介/裏表紙[PDF 495KB]
リンク:
提示上映:
複製:
印刷:
配布:
加工改変:不可