文学部・文学研究科

文学研究科公開科目

西洋古代文化史特講Ⅱ

前386年の大王の和約(アンタルキダスの平和)以降のスパルタの帝国主義外交を扱う。プレイウスに対する報復的とも言える政策、ボイオティアへの干渉とカドメイアの占領、そしてペロピダスらテーバイ民主派によるカドメイアの解放とボイティア戦争の勃発、オルコメノスとプラタイア、戦後第二世代下のアテナイ、帝国の維持に腐心するペルシア、ボイオティア戦争の深刻化、海上におけるアテナイとの確執、そしてレウクトラの戦いに至る政治プロセスを講義では論じたい。 

担当者中井 義明
シラバス2013年度 秋学期
配付資料第2回[PDF 192KB]
第3回[PDF 199KB]
第4回[PDF 164KB]
第5回[PDF 232KB]
第6回[PDF 148KB]
第7回[PDF 196KB]
第8回[PDF 155KB]
リンク:
提示上映:
複製:
印刷:
配布:
加工改変:不可