こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. オープンコースウェアホーム
  2.  > 教材公開中の学部・研究科・センター
  3.  > 文化情報学部・文化情報学研究科
  4.  > 数学基礎Ⅱ

文化情報学部・文化情報学研究科

文化情報学部公開科目

数学基礎Ⅱ

文化現象や社会現象を数量的、数学的に記述し、解析するためにいろいろな関数が用いられる。『数学基礎Ⅰ』で主に学んだ線形関数以外の一般の関数を解析するための基礎となる微分積分学をはじめとする解析学を学ぶ。また、データサイエンスや確率統計などにおいても必要とされる解析学の数学的基礎を与える。特に多くの現象において興味を持たれる最大最小の問題や極値問題を扱い、テーラーの定理を通じて解析学による導関数・微分の意味や関数の理解を深める。

担当者浦部 治一郎
シラバス2007年度 秋学期
提示資料教材の構成
1 関数とは何か
2 微分について
3 微分の計算
4 増減表
5 2次関数による近似
(※)最小2乗法
6 変換
7 積分について
8 積分の計算
9 重積分

*1 この教材はInternet Explorer 6.x 以降でご覧になれるよう調整されています。これ以外のブラウザではご覧になれません。
*2 ブラウザのフォントサイズは小で調整されています。またInternet Explorer 7.xでは拡大率を初期設定(100%)にしてご覧ください。
*3 この教材に使用しているフォントに対応していないブラウザでは、数式がうまく表示されない場合があります。
*4 Javascriptを使用する設定でご覧ください
リンク:
提示上映:
複製:
印刷:
配布:
加工改変:不可