こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. オープンコースウェアホーム
  2.  > 教材公開中の学部・研究科・センター
  3.  > 商学部・商学研究科
  4.  > 会計学-3

商学部・商学研究科

商学部公開科目

会計学-3

企業会計は、株主、債権者などの企業をとりまく各種集団の利害に直結します。なぜなら、損益状況や財政状態など、簿記会計によって計算把握される企業の財務情報は、配当額や税額の計算基礎になるとともに、株価や社債の価格等に影響を与えるからです。そのため今日の企業会計は、私的な経営手段を超えた1つの社会的な制度として存在しています。

講義ではこの財務情報の伝達手段である損益計算書や貸借対照表の説明から始め、それらの作成原理を解説したあと、企業会計をめぐる法的規制の問題や、税効果会計、退職給付会計、時価会計、キャッシュフロー会計など、前世紀末に「会計革命」としてマスコミをにぎわしていたトピックスについてもその概要を説明する予定です。